おせち料理は買うことが多いです

おせち料理は買うことが多いです

おせち料理を綺麗なお重に完成させようとすると、非常に大変ですし、膨大な手間や時間が掛かってしまうので、忙しい年末の時期がより慌ただしくなってしまいます。

 

私はおせち料理では黒豆や伊達巻や栗きんとんが大好きなので、それらの好みの具材だけは自分で作るのですが、家庭で出す重箱に入っているおせち料理はいつもデパートやスーパーマーケットなどで事前に予約を取って買うことにしているのです。

 

やはり店で製造しているおせち料理は見た目も非常に綺麗ですし、眺めていると非常に幸せな気分になってきます。

 

おせち料理は手がかかる料理も非常に多いですし、具材の調達も結構しんどかったりもするので、我が家では例年作るのではなくて買うことが多いです。
ただ、はんぺんや卵液をフードプロセッサーで混ぜ、丁寧に作る伊達巻は格別な味なので、伊達巻だけはどんな時でも自分で作っています。

 

気分だけおせち料理にチャレンジ

おせち料理というと時間をかけて手間をかけて用意するものというイメージが強く、面倒だから全くしないという方も多いでしょう。しかし一年の初めを彩るすてきなものですから、ちょっとだけその気分を味わってみるのも楽しいものです。

 

作る時間もないという方は、出来合いのおせち料理を特別なお皿にちょっと盛り付けるだけでも気分が大きく変わります。お正月らしい飾りを添えてみるのもよいでしょう。紅白の蒲鉾だけでも並べてみると華やかになります。こうした工夫を取り入れてみましょう。

 

しきたりなどにこだわらず、まずは気分だけでもおせち料理に挑戦してみましょう。一年のスタートを楽しみながら切ることが出来ますし、なんとなく特別な気分にすることもできますね。